1相性ピルと3相性ピル|トリキュラーを使った避妊/自分に合った低用量ピルを探そう

トリキュラーを使った避妊/自分に合った低用量ピルを探そう

沢山の錠剤

1相性ピルと3相性ピル

低用量ピルは、世代ごとに分類されているだけではなく、1相性ピルと3相性ピルにも分けることができます。
含まれているホルモン量の違いによって1相性ピルか3相性ピルに分類されるのですが、トリキュラーの場合は3相性ピルです。

1相性ピルは、含まれているホルモン量がどの錠剤も一定になっているものを指します。
低用量ピルは毎日服用することで徐々に体内のホルモンバランスを変化させていき、妊娠時のホルモンバランスを作り上げることで着床、受精、排卵を防いで避妊します。
毎日継続しなければ正しく効果が発揮されないのですが、その1サイクルは28日間となっています。
しかし、28日間続けて毎日服用するわけではありません。
最後の7日間に関しては休薬期間となっており、服用しなくてもいいのです。
つまり、実質低用量ピルを服用する期間は21日間なので、トータルで21錠を服用することになります。
1相性ピルの場合、この21錠すべてが同じホルモン量となっているのです。

3相性ピルは、トータル21錠の低用量ピルを服用することは同じなのですが、徐々に含まれているホルモン量が増加していくものを指します。
服用開始日から日数が経つにつれてホルモン量の多い錠剤を服用していくことになります。

1相性ピルの場合、どの錠剤も同じ量のホルモンが含まれているため、服用する錠剤の順番を間違えても大きな問題はありません。
ただし、最初から大きくホルモンバランスが変化し始めるため、副作用が起こる可能性は3相性ピルよりも高くなっています。
一方、3相性ピルの場合は逆に、服用何日目かによって服用する錠剤が決まっているため、間違った順番で錠剤を服用してしまうと正しく避妊できない危険があります。
しかし、少ない量からホルモンを摂取し、徐々にその量を増やしていくため、正しく服用すれば体にかかる負担は少なく、副作用が起こる可能性も低めになっています。
ただ、3相性ピルの場合、薬のシートに飲む順番が記載されていますので、そのとおりに服用していけば間違うことはないでしょう。
両者のメリット・デメリットを理解したうえで、自分に合った低用量ピルを服用するようにしましょう。