各世代の特徴|トリキュラーを使った避妊/自分に合った低用量ピルを探そう

トリキュラーを使った避妊/自分に合った低用量ピルを探そう

カプセルと手

各世代の特徴

これまでに開発された低用量ピルの種類は多く、その効果もどんどん進化しています。
低用量ピルは0.05mg未満の黄体ホルモンが含まれているピルを指すのですが、この黄体ホルモンの開発された順番に応じて低用量ピルは第1世代から第3世代までに分類されているのです。
ちなみにトリキュラーは第2世代の低用量ピルなのですが、まずはそれぞれの特徴を見ておきましょう。

まず第1世代ピルについてです。
これは黄体ホルモンとして初めて開発されたノルエチステロンを主成分としたピルのことです。
卵胞ホルモンの作用が弱く、それによって代わりに黄体ホルモンの量が多くなっています。
次が第2世代ピルです。
第1世代ピルの黄体ホルモンの量を抑制するために開発されており、レボノルゲストレルを主成分としています。
少なめの黄体ホルモン量でありながら、強い効き目を発揮してくれるとして、現在国内で最も処方されているタイプになります。
ただし、効き目が強すぎることから、男性化作用などの副作用が一時期問題となっており、現在はそれを抑えるためにホルモン量を段階的に減らしていく工夫がされています。
最後に紹介する第3世代ピルは、第2世代ピルの効き目を維持しながら、副作用を抑える目的で開発されました。
結果、男性化作用自体は抑制することに成功したのですが、その一方で血栓症の危険が増すという問題が起きています。