21錠入りと28錠入り|トリキュラーを使った避妊/自分に合った低用量ピルを探そう

トリキュラーを使った避妊/自分に合った低用量ピルを探そう

青いブリスター

21錠入りと28錠入り

トリキュラーには21錠入りのモノと、28錠入りのモノの2種類があります。
これは先ほど軽く説明した服用日数に関係しています。
服用期間の1サイクルは28日間であり、そのうち実際に錠剤を服用するのは21日間だと言いました。
これはその違いです。
21錠入りのトリキュラーは、そのまま服用期間である21日間、毎日1錠ずつ服用してください。
一方、28錠入りのトリキュラーは、服用する21錠とは別に、何の成分も含まれていないダミー(プラセボ錠)が7錠含まれています。
飲み忘れを防ぐことを目的として用意されたもので、21錠の服用を終えたあとも、7錠のダミーを服用することで継続して服用する癖をつけるのです。
飲み忘れてしまうと低用量ピルは正しく効果を発揮してくれず、性行為をした際に避妊を失敗してしまう危険もあります。
飲み忘れが不安な方は28錠入りのトリキュラーを使用するといいでしょう。

今回説明したことをまとめると、トリキュラーは第2世代3相性ピルということになります。
また、21錠入りと28錠入りとで分かれているため、みなさんが正しく服用できる方を選ぶようにしましょう。
トリキュラーの他にも低用量ピルは数多く開発されていますが、どれにしても第1~3世代、そして1or3相性ピルとなっています。
各低用量ピルの特徴をしっかり理解したうえで、正しく安全に服用できそうなタイプの低用量ピルを選ぶようにしましょう。

現在は産婦人科に通わずとも、通販サイトを使って低用量ピルが個人で買えるようになっています。
どの低用量ピルを選ぶかはみなさんの判断次第ですので、これらの違いはきちんと知っておくべきでしょう。