服用する時の注意点|トリキュラーを使った避妊/自分に合った低用量ピルを探そう

トリキュラーを使った避妊/自分に合った低用量ピルを探そう

手に乗せている

服用する時の注意点

トリキュラーを通販サイトで購入する前には、きちんと用法用量などの必要な情報は入手しておくようにしましょう。
というのも、トリキュラーなどのピルは、服用方法をきちんと守らなければ避妊効果を期待することが出来ないからです。
正しく服用すればほぼ100%避妊できるものなので、確実に避妊するには服用方法を守りましょう。
トリキュラーは、28日周期で服用するピルで、21錠入りと28錠入りとがあるという話をしましたが、この服用周期を守ることが大前提です。
その上で注意しなければならないことがいくつかあります。
まず、ピルは経口薬なので、飲み合わせや食べ合わせに注意しなければなりません。
併用禁忌とまではいかないですが、併用することで効果が薄れてしまったり、副作用が出やすくなってしまうものもあります。
例えば、何かしらの病気の治療薬を服用している人は要注意です。
ペニシリン系抗生物質やテトラサイクリン系抗生物質は併用注意な医薬品です。
これらの薬は病原菌を死滅させる働きを持つ抗生剤なので、基本的に他の薬との併用が禁止されています。
一緒に服用してしまうと、トリキュラーが十分に体内に吸収されないことがあるのです。
また、うつ病治療に用いられるカルバマゼピンや三環系抗うつ剤も飲み合わせには注意しなければならない医薬品です。
トリキュラーの効果が落ちるだけでなく、抗うつ剤の効果が出すぎてしまうことがあるのです。
双方に悪い影響を与えてしまう危険性があるので気をつけましょう。
避妊は一刻を争うものでもあるので、治療中でも服用したくなるかもしれませんが、他の薬を福よしている場合には医師と相談してから服用するようにしましょう。