トリキュラーを使った避妊/自分に合った低用量ピルを探そう

カプセルと手

各世代の特徴

低用量ピルには黄体ホルモンの開発に応じて、第1世代から第3世代にまで分類されています。トリキュラーは第2世代ピルとなっており、現在国内で最も処方される低用量ピルになっています。

沢山の錠剤

1相性ピルと3相性ピル

低用量ピルには1相性ピルと3相性ピルの2種類があります。これはホルモン量の違いによって分類されており、3相性ピルの場合は徐々にホルモンバランスを変化させていくことができます。ただ、飲む順番は間違えないようにしましょう。

青いブリスター

21錠入りと28錠入り

トリキュラーには21錠入っているものと、28錠入っているものがあります。これは服用期間に関係したもので、7日間の休薬期間にも服用するプラセボ錠が含まれているかどうかの違いになります。

銀のブリスター

コンテンツ一覧

「トリキュラーを使った避妊/自分に合った低用量ピルを探そう」のコンテンツ一覧です。

沢山のカプセル

低用量ピルで避妊

妊娠を目的としない性行為を彼氏と楽しむ場合、コンドームを使っての避妊もいいですが、より確実性を求めるのであれば低用量ピルを服用しての避妊もオススメです。
コンドームは男性器にただ被せるようにして着用するだけですし、所詮は道具ですので、使用途中に外れてしまったり、破れてしまう可能性があります。
そうなってしまえば避妊具としての役割は一切果たすことなく、妊娠してしまう危険も…。
また、男性器に着用して使用する避妊具ですので、男性側が着用を拒んでしまえばそれまでです。
「外に出すから!」「イク前に付けるから!」と言ってゴム無しでの行為を求める男性も少なくありません。
ですが、本当に射精するタイミングをコントロールできるかどうかは怪しいですし、射精前にあふれてくるカウパー液にも精子が含まれていることから、カウパー液によって妊娠してしまう危険もあるのです。
しかし、低用量ピルであれば、女性が服用することで避妊効果を発揮してくれるため、男性の意思に関係なくしっかり避妊できるのです。

トリキュラーは日本国内でもよく処方されている低用量ピルで、女性であれば名前を聞いたことがあるかもしれません。
その効果は確かですし、値段も他の低用量ピルよりリーズナブルなため、人気は高いです。
しかし、低用量ピルにも種類があるため、まずはどんな種類の低用量ピルがあるのか、そして自分に合った低用量ピルはどれなのかをしっかり理解しておくべきでしょう。